リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

特別編が決まった『ぼくらの勇気 未満都市』とは??

KinKi Kidsデビュー20周年特別企画して放送が決まった

ぼくらの勇気 未満都市2017』



www.ntv.co.jp



若い人は「?」って感じかもしれないですが、当時10歳、リアルタイムにこのドラマを視聴していた自分としては、正直ここまで鮮明に覚えているドラマはないという位、衝撃を受けたドラマでした。

今回はちょっと記憶と思い出を便りにご紹介。

ぼくらの勇気 未満都市』とは?


ぼくらの勇気 未満都市 VOL.1 [VHS]


ぼくらの勇気 未満都市』は、1997年に日テレ土曜九時の枠で放送されたドラマです。

特徴と言えば、なんと言ってもKinKi Kidsの二人のW主演。過去にも後にも二人同時のドラマ主演はこの作品だけです。

さらに、多くのジャニーズJr.が出演しており、特に驚きなのが愛犬と一緒にいた小学生モリの役を松本潤さんが、後に仲間になる不良二人組の一人を相葉雅紀さんが演じていたという事実。(自分も気づいたの最近でした)

他にも、当時絶大な人気を集めていたジャニーズJr.の小原裕貴さんや、宝生舞さん、矢田亜希子さん等が出演して。小原裕貴さんに関してはジャニーズを辞めたにも関わらず、特別篇出演決定という異常事態。


また、主題歌はKinKi Kidsのデビュー二作目「愛されるより愛したい」でした。(懐かしい!)

ちなみに昔は必ず平日夕方にドラマの再放送があるなど、過去のドラマが放映される機会が非常に多かったのですが、自分の記憶ではこの作品は一度も再放送されることがなかったはず。敵が政府ってのが関係してなのか・・・真相はよくわかりません。

だからこそ、20年経った今、この作品の名前を見ることになるだなんて想像もしてませんでした。


・・・余談ですが1997年といえばちょうど初代ポケットモンスターが流行っていた時期で、劇中でもヤマトとタケルの二人がやってました笑

あらすじ


ある日、名古屋に住む高校生のヤマト(堂本光一)は千葉にある幕原(海浜幕張のパロ?)という地区で大震災が発生し、壊滅的な状態になっていることを知ります。

幕原に住んでいる親友のキイチ(小原裕貴)の安否が心配になったヤマトは、自転車で幕原へと向かいます。

道の途中、同じく高校生で大阪から自転車で幕原を目指すタケル(堂本剛)と出会い、共に幕原を目指すことに。

途中、どちらかの自転車が壊れる(←うろ覚え)というハプニングに合ながらも、トラックに紛れこみ何とか幕原にたどり着く二人。

しかし二人を待っていたのは、刑務所を彷彿とさせる広大なバリケードと、防衛服を着てゲートを死守する何人もの警備員。

トラックの運転手のおじさんは警備員と口論になりますが、強行突破でゲートの中に侵入します。実はこのおじさんも、幕原に住む嫁と子供が心配でここまで来た、外部の人間でした。

こうして、何とか幕原の中に入ることができたヤマトとタケルでしたが、その異常な光景に違和感を持ちます。


大震災が起きたというのに、建物や土地の崩壊はほとんどない。

そして何よりも奇妙なことが、ゲートの中に子供しかいない、即ち大人の姿が見えない、ということだった。


その後、ヤマトは何とかキイチとの再会を果たしますが、冴えない表情を見せるキイチ。

そしてキイチから告げられたのは、驚くべき真実でした。


幕原で起きたのは大震災ではなく、隕石の衝突。

そしてその隕石が持ってきた特殊なウィルスにより、20歳以上の人間は全滅。成人未満の人間しか生き残っていないという。

街を死滅させたウィルス・・・


感染者との接触で感染し、一度感染したら20歳になるまで潜伏し続ける、まさにチート的に恐ろしいウィルス。

このウィルスが広まると日本は壊滅的状況になりかねないと判断した政府は、この事実を隠蔽し、感染したであろう子供たちは幕原の町の中に閉じ込めてしまいます

信じられない話を聞いたヤマトとタケルでしたが、その直後トラックを運転していたおじさんの死を知り、この惨状が事実であると確信します。おじさんも、自分の息子を見つけ嬉しさのあまり抱き締めたことでウイルスに感染し、1日経たずそのまま生き絶えてしまった。(この時、泣きわめくこともなく、静かに自分の父親を見つめる子供の表情がほんと怖かった……)

そして既に感染者と接触しているヤマトとタケルも同様、政府に街の中へ閉じ込められてしまいます。こうして二人の未満都市での生活が始まりました。

秩序のない街


電気も水道も止まり、政府からの支給も1日一回最低限の食事のみ。政府から完全に見放された状態。

そして何よりも大人がいない。

ヤマトとタケルが幕原に来たときは既に、町に秩序や希望何て言うものはない状態でした

小さな子供たちは何もできず死を待つ無気力状態。高校生前後の年長者は小さい子達から食事や物資を横取りして横暴を繰り返す。政府は何も仲介しない。まさに絶望的な状況でした。

そんな中、ヤマトとタケルの二人は諦めません。

例え自分を犠牲にしても、常に弱者の味方となる、正義の心を忘れないヤマト

ネガティブな心情に支配される住人達を常に励まし、希望の心を忘れないタケル

正反対な性格な二人ですが、そんな二人が少しづつ町が変えていく姿は非常に印象的でした。

次々と襲い掛かる衝撃展開・・


そしてこの作品の最大の魅力といえば、設定にとどまらず、次々と視聴者の期待を裏切っていく衝撃展開の数々

最も驚いたのが、ヒロインポジションだったユーリ(宝生舞)の死でした。


初登場時から周囲になめられないよう男性を演じ、毅然とした態度で小さな子供達を守っていたユーリ。女性らしさなんて微塵も感じさせない宝生舞さんの演技は素晴らしい物でした。

ただ、町そのものを変えていくヤマトのことを意識し始めるユーリ。そしていち早くユーリが女性であることに気づき、ユーリを意識し始めるタケル。この三角関係がどうなるのか……そんなことを考えながら見ていた矢先、

ユーリは幕原の中で20歳を迎え、亡くなってしまいます。


この展開は本当に衝撃的でした。正直、最後は必ず助かるものかと思っていたので……本当に悲しかった。


さらに、次週の放送回で、幕原の子供達は解放されることになります。初めての冬を迎えた幕原でしたが、実はこのウィルスが寒さに弱く氷点下で死滅することが明らかになったからです。

自由の身を心から喜ぶ一同でしたが、誰かの「ユーリももう少し長く生きていたら助かったのかな」という言葉が胸に刺さりました。

政府との最終決戦・・結果は・・?


更に驚きの事実だったのが、ウィルスの正体

実はこのウィルス、宇宙から突然やってきた物ではなく、政府の生体実験により作られたもの。宇宙での実験を計画していたのですが、ウィルスを載せたロケットの打ち上げが失敗して幕原に落ちたことが明らかになります。当然、政府は子供たちも解放した後も隕石騒ぎをでっちあげ、この事実を隠蔽してしまいます

この事実を公表できる証拠が幕腹にあると気づいたタケルは一人幕腹に残りますが、一度は解放されバラバラになったヤマトや仲間達、幕原の子供達が再び集結し、政府との最終決戦を迎えます。


しかし、やはり力の差が出て、とうとう追いつめられるヤマトたち。

「ここは死んででも守り抜かないと」と覚悟を決めるキイチやモリ。しかしそんな仲間に、ヤマトとタケルはこう答えます。

「死んだらダメだ。生きよう。生き抜こう」

・・・初めて二人の意見が合った瞬間でもありました。



最後、政府に向かって言ったタケルの言葉は今でも覚えています。


「俺たちはお前たちみたな大人にはならない」

そう言って、笑顔で政府に証拠を渡す証拠を渡すヤマト達。この最後も予想外でしたが、みんなの"未来"を重視した素晴らしいラストだったのかなと思います。



あれから20年・・


さて、そんな未満都市がまさかの復活。ちょうど20年後。

そして何よりも今回の特別編は一つの大きな意味を持ちます。

最後に交わされた約束、

「そして20年後の今日、俺たちでまたこの場所で集まろう」
この約束が今回の特別篇で果たされるわけです。本当に20年経った今!!


どのようなストーリーとなるのかまだわかりませんが、向井理さんら新キャストが明らかになっていることもあり、政府や組織との闘いがまた行われるようです。



ぼくらの勇気 未満都市2017』は7/21(金) 21:00放送!


P.S ちなみにHuluでも7/1から配信されるようです。1週間は無料みたいなので、是非視聴してみてください!!ハマりますよ!!!!


www.happyon.jp