リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

2016年秋アニメの感想と評価まとめ

既に秋アニメが始ってきていますが、今回は

夏アニメの感想と評価についてまとめてみました。


最後まで見た下記全11作品のまとめです。


・WWW.WORKING!!
・終末のイゼッタ
魔法少女育成計画
ステラのまほう
ナンバカ
響け!ユーフォニアム
・ガーリッシュ ナンバー
3月のライオン
・Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-
うどんの国の金色毛鞠
舟を編む



【評価について】

作画・音楽・キャラ・ストーリー・演出・最終回(or 後半への期待度)をE~A & Sの6段階に、総合評価をE- ~ A+ & Sの16段階で評価しました。
個人的な感想なので悪しからず。

11位:ナンバカ


ナンバカ脱獄理論♪!

作画 D 音楽 C
キャラ C ストーリー C
演出  C 最終回 C

総合評価:C+


完全にファン向けですね。話の構成とかは悪くなかったけど、前半と後半で全く違うジャンルになるから、初めて見る人は付いていけないだろうね。

それにしても、こんなに空気アニメになるとは…ちょっと宣伝のしかた再考すべきじゃない、comicoさん?


10位:魔法少女育成計画


魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第2巻

作画 C 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  C 最終回 C

総合評価:B-


続きが気になる作品ではあったけど、ただのコロシアイになったしまったのが残念すぎる。前半のキャンディー集めメインでの頭脳戦とかなら割りと面白かったのに。

主人公の影が薄かったり、割りとあっさり死んでしまうキャラが多かったりで、ラストまで胸くそ悪い展開しかなかったかな。
こう見ると、ほんとまどマギって神だなぁ、ってつくづく思った。


9位:ガーリッシュナンバー


ガーリッシュ ナンバー 第3巻(初回限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 B
キャラ A ストーリー C
演出  B 最終回 B

総合評価:B+


アニメ製作の陰の部分だったり、主人公が可愛いだけのクズ人間だったりと、普段ないようなテーマの作品で前半はとても面白かった。

だからこそ、落とし処は難しかったのかなった思う。主人公が落ち込んで立ち直っても、「何にも努力してない人間が勝手に落ち込んでもなぁ」って思ったしまう。最終回で何を伝えたかったのかも理解できなかった。

キャラクターは良かったのでまた二期を見てみたい気はする。


8位:うどんの国の金色蹴鞠


うどんの国の金色毛鞠 第一巻[Blu-ray](ファンイベント「昼の部」優先申込券付き)

作画 C 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  B 最終回 A

総合評価:B+


香川を舞台にしたよい作品癒しの作品だった。ラストは予想外で、少し感動できました。

ただ、逆にラストが唐突過ぎるというか、何か少しでも伏線張ってくれていればもっと良かったのに…って感じる。後、流石に狸の子供のために人生費やせるのかな?と疑問に思ってしまった…。自分の子供でさえ育てるの大変なのにね。


7位:ステラのまほう


ステラのまほう 第3巻 [Blu-ray]

作画 B 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  B 最終回 B

総合評価:B+

最初はキャラクターの個性薄いかなって思ったけど、皆程よく個性強くて可愛くて、とても楽しめました。きらら系アニメは本当に外さないね。終始、主人公の想いをテーマにしており、メッセージ性も強かったと思う。

個人的には、はーちゃん登場から少し失速した感があるかな?五話の修羅場が一番良かった。


6位:WWW.WORKING!!


WWW.WORKING!! 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 C
キャラ A ストーリー B
演出  B 最終回 A

総合評価:B+


常に賛否両論は絶えないアニメだっかもしれないけど、自分はやっぱりworking!って作品が好きだなぁ、と常々感じました。個性溢れるキャラクター達、一言では説明できない複雑な人間関係、徐々に進展していく男女…。最後のラブコメラッシュは心えぐられた。

もう少し早くからラブコメ要素入ってくればもう少し良かったのかな、った少し考えてしまう。序盤の女性陣、ほんとオカシイ人しかいなかったから笑。後、原作ぶつ切りはやめてほしかったかな。


5位:Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-


オカルティック・ナイン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 A
キャラ A ストーリー A
演出  C 最終回 B

総合評価:A-


話の内容は間違いなく今期一番!

序盤からさまざまなキャラクターの視点で少しづつ話を進めていき、中盤で衝撃の事実が明らかになり、とても引き込まれました。強引だけど、きちんと理にかなった説明を含めてくれたのも良ポイント。

だからかそ、尺の短さがこの作品の魅力を半減したように思う。早口の説明、最終回の詰め込み感……こういう作品こそ2クールじっくりやるべきだったのに……本当にもったいない。

4位:舟を編む


舟を編む 下巻(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 C
キャラ A ストーリー A
演出  A 最終回 B

総合評価:A-


原作が売れる理由が良くわかった。地味なように思えた辞書作りというテーマに、言葉と共に生きるという意味を考えさせられた。キャラクター達の辞書作りにかける想いも繊細なまでに描かれており、最終回は号泣。素晴らしい作品だったと思う。
こういう原作はノイタミナしかチョイスできないから、どんどんやってほしいです。……バッテリーとはなんだったなか?笑


3位:3月のライオン


3月のライオン 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 B 音楽 A
キャラ A ストーリー B
演出  B 期待度 A

総合評価:A


シャフトと聞いて心配していたけど、原作の緩急をつけた独特の雰囲気そのまま表現しておりとても良かった。三姉妹の声もすごく合ってていい感じ♪

問題は原作をどこまで消費するか、ですね……。半分終わっていま二巻ちょいですが、個人的には5-7巻で零が大きく成長する辺りまで見たいなぁ……。ペース的に厳しいかな?

とにかく今後も視聴継続。


2位:終末のイゼッタ


終末のイゼッタ Vol.6(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

作画 A 音楽 B
キャラ A ストーリー A
演出  B 最終回 A

総合評価:A


最後に至るまで少し強引な感じは少しあったけど、それでも国を守ろうとするイゼッタとフィーネの二人の想いには思わずじ~んと来ました。かっこよすぎる。戦闘シーンの凄さにも唸りました。

世界観、音楽、キャラクター、戦闘作画、全てのレベルが高く、本当に良くできていた作品でした。直近のオリジナルアニメの中ではかなりの当たりだったかな?

1位:響け!ユーフォニアム


響け!ユーフォニアム2 4巻 [Blu-ray]

作画 S 音楽 B
キャラ A ストーリー A
演出  A 最終回 A

総合評価:S


終始安定したクオリティのた高さ!!

今回は風景だけでなく、演奏シーンも際立ってましたね。一話の半分を演奏ノーカットなんてスゴすぎる。

二期はとにかく久美子の成長が目立ったのも良かった。前期は傍観者的な位置付けが多かったけど、今回はどの話でも主人公してたね。久美子が感情的になる場面はいつもぐっと来るものがありました。

最後まで最高の作品でした!やはり京アニはスゴイ!


以上、ちょっと物足りない作品が多かったかな?

ではまた。