リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

comicoリニューアルに対する個人的想いと今やるべきこと

昨日の正午、comicoからリニューアルに対する連絡がありました。


f:id:Rtyao:20161102000757p:plain


以下、comico掲載から抜粋。(太字箇所だけ変えてます)

                                                                                                                                                                                                                                                  • -

タテ読み タダ読み comico!
comicoはこれまで通り、毎週連載の1話を無料でお楽しみいただけます。
各作品、最初の基本数話は完全無料で、それ以外の話は「レンタル券」を消費し無料で読むことができます。
この「レンタル券」は各作品消費から6日で自然回復により獲得でき、また、イベントでの配布も予定しています。

リニューアル後の新システムでも、できる限りストレスなくお話の閲覧ができるよう運営してまいりますので、どうかご安心ください。

                                                                                                                                                                                                                                          • -


……トドのつまり、comicoもレンタル券という、comico plus同様のシステムが導入される、ということになりそうです。

このお知らせに対し、早くもtwitterでは落胆と憤りの声が多発しています。


個人的にな想いとしては、

諦めが6割、憤りが4割

といったところです。

"諦め"の理由


まず、「これまで無料だったのに今頃金儲けに走るのか?」、という声がありましたが、

恐らく、少なからずcomico創立時に三年後の収益という中期目標があったのではないかと思います。

最初は全て無料から始まり、サービス拡大につれてグッズや単行本により利益を得る計画だった。

しかし、予想以上にサービスが拡大してきた半面、やはりお金を落としてくれる読者はそういなかったのでしょう。逆にサービス拡大に連れ作者の負担が増え、体調不良により長期連載となる作者さんが続出する問題が発生し、運営側の必要費用が増えていった。

そういったことが重なり、3年の中期目標を満足できなかったため、新たに収入を得るシステムを導入せざるを得なかった。そう意味ではリニューアルということは致し方ないことなのかなと思います。

前に記事で書いた通りで、"無料サービス"というのが限界があるもの。その限界を超えるには、ある程度安定したビジネスモデルは必須ですので。


rtyao.hatenablog.com


"憤り"の理由


ですが、やはり憤りを感じる部分もあります。

それは、レンタル券という制度。


rtyao.hatenablog.com


前にcomico plusの記事でも書きましたが、サービス開始からもうすぐ一年経とうする今でも、なかなかcomicoのような人気は出ないままでおり、実際、plusの一番人気とcomicoのランキング下位作品が同じコメント数という状況。

オリジナル漫画のみというこだわりを捨て、商用マンガの連載に頼らなければ、サービスを継続できないという極めて劣悪な状況です。


そんなcomico plusで採用しているシステムをそのままcomicoに導入するのは、明らかに愚策ではないかと思うのです。もっと他に方法はなかったのだろうか……?


更に、comico plus以上に、comicoでレンタル券システムを導入することに対する大きな問題が発生します。


それは、長期連載漫画への新規読者獲得が困難になることです。


plusはまだほぼ新規マンガが横一線でスタートしたので、頑張って毎週追っていれば最新話まで追いつくことが可能でした。

しかし150話超えが多数存在するcomicoで、初めてこれらのマンガを読もうとしても、レンタル券システムでは最新話まで追いつくのはほぼ不可能に近いです。最初にどれでもレンタル券を100枚もらえても最新話に届かないのですから。

結果、新規読者は新連載作品しか追えなくなり、長期連載漫画を改めて追う人は少なくなるはず。たとえ「〇〇話から面白くなる」と聞いても、そこまで読み進める気力が続かず、途中で諦めてしまう読者が多くなる。

これは初期からクオリティの高いマンガでcomicoを支えてきた作者さん達への冒涜ではないか、とも思うのです。



先読みみたいに、収益を見込んだ新しいシステム導入に関しては何も言うことはありません。が、やはりレンタル券システムはどうしても百害あって一利なし、と感じます。



リニューアル前後にやるべきこと

とはいえ、comicoの決定とあれば、ルールに従いながら漫画を楽しむしかないことかと思います。

では、11月中旬のリニューアルまでにやるべき事とは何か??


まず、今少しでも気になっている作品があったら、今のうちに一気読みしてしまいましょう。リニューアル後は気軽に一気読みができなくなるので、今がラストチャンスです。

さらに、好きな作品の、特に好きな一コマがあったら、今のうちにスクショしておくことをお勧めします。もちろん作品すべてを保存するのはNGですが。


で、リニューアル後は確実にレンタル券やおすすめポイントをプレゼントする企画を逃さないようにしましょう。さしあたっては、リニューアル直後のどれでもレンタル券100枚プレゼントは確実にゲットしましょう。100枚あれば、読み返し程度であればストレスなく楽しむことができるかと思います。


最後にcomicoに言いたいこと


【無料マンガ】comico/毎日新作漫画が読み放題!/コミコ


最後に、今まで個人的な思いを語ってきましたが、それでも自分はcomicog大好きです。

これからも好きな作品は追っていきたいと思います。課金するかはわからないですが、単行本やアニメ作品は可能な限りチェックしていく次第です。


しかし、これだけはcomicoに言いたいです。


今後、読者へのプレゼント企画とか、お願い事叶える企画とか、サポータズパーティーとか、


そういうイベントは一切不要です。


仮にそういう企画に予算をつぎ込む余裕があるのなら、


どうか元のシステムに戻すことを考えてください。



comicoの良いところは、完全無料であること以上に、なんとストレスもなく漫画を楽しむことができる、ということ。

収益のため仕方ないことかと思いますが、どうかそれだけは忘れないでほしいです。


以上、長文失礼しました。