リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

アラサーが新作『少年アシベ』を見てみた感想

少年アシベ』とは?


少年アシベ(1) (アクションコミックス)


少年アシベ』は森下裕美さん原作のマンガで、1991年〜1993年にアニメが放送されていました。
(自分と同じ位のアラサー世代の人達は一度は見たことある・・・はず)

四コマ原作ということもあって、非常に多くのユニークなキャラクター達が登場します。

主人公アシベの小学校のクラスメイトとか、祖父が社長をしている会社で働く人々とか、近所の中華料理屋さんとか、アシベのことが好きすぎてたまらないのに父親の都合でネパールで暮らすスガオ君とか・・・主人公が全く出てこない話もあるくらい。(このアニメでネパールという存在を知った笑)

子供向けアニメなのに時には社会風刺的なブラックネタもあって、なんというか時代を感じますね。



さて、主人公はアシベですが、この作品の顔と言えば、何と言ってもこの子。


f:id:Rtyao:20160602234515j:plain


ゴマアザラシの赤ちゃん、ゴマちゃん!

ひょんな事からアシベ一家に拾われ、アシベ達と一緒に暮らすことになります。。

愛くるしいルックスとか、「キュー」という鳴き声とか、自分のこと人間だと思ってる姿とか、猫にいじめられてる姿とか……とにかく可愛い!劇中でも皆から愛されるマスコットキャラとして扱われている子です。

そんな『少年アシベ』が20年以上ぶりに帰ってきた!


…さて、4月から少年アシベの新作が放送されているのは知っていますか


f:id:Rtyao:20160602235053j:plain


その名も少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん』

NHK Eテレの『Let's天才てれびくん』アニメ枠で放送。10分アニメです。

自分も放送されていること自体は知ってたけど時間がなく、ひとまず録画だけしといて、やっと最近溜まってる分を全て見れました。


過去作との違いは??


まずは過去作との違いについて。

一つはゴマちゃんの声ですね。

前作でゴマちゃんの声を担当したのは、クレヨンしんちゃんのひまわり役でお馴染みのこおろぎさとみさん。何というか、本当に動物の鳴き声みたいなリアルさがあるのに可愛い、という素晴らしい演技です。噂だと、ゴマちゃんの声をやってる時にのどを潰すことも多かったとか…。スゴイプロ魂ですね。

ただ、本作ではゴマちゃん担当:東山奈央さんの可愛らしい「キュー」が聴けるのでこれはこれで満足。


あと、時代背景とかNHKでの放送とかもあって、原作特有のブラックジョークとか物騒なネタは全て消されてますね。


f:id:Rtyao:20160602235731j:plain

分かりやすいのはニコニコ顔の優しい露出狂おじさん、 ヒトシくん。中華料理屋の娘リャンリャンの初恋相手というのもあって結構重要キャラなんですが、オープニングで登場しない。たぶん今後も出てこないでしょうね。(怪しいから)


f:id:Rtyao:20160603000343j:plain


後は、原作だとゴマちゃんの扱いが結構ザツというか、動物虐待にあたる扱いされてることが多い。上のコマのように、普通にゴマちゃんで人をたたくシーンがあります。今のところはそんなでもないですね。これから増えてくるのかな……。(ないか)

それでもヤッパリおもしろかわいい!!


f:id:Rtyao:20160603000400j:plain


ただ危ういキャラ以外は全て原作通り。オリジナル展開が多いですが、時折原作ネタを混ぜてくれてめす。懐かしい!って感情が強い。

そして何よりゴマちゃんが可愛い!!

要所要所で見せるゴマちゃんの表情とか行動に釘付けになります。

他にもユニークなキャラクターがたくさん出てきますので、大人になっても楽しめる作品かな、と。

むしろ今の子供はどうなのかな??このアニメをキッカケに、再ゴマちゃんフィーバーが来てくれることを祈ってます。




……とりあえず、ひとこと言うと、

ゴマちゃんの可愛さは永久不滅!

でしょうね。


少年アシベ ゴマちゃん もっちぃもっちぃクッション