リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

GW明けの五月病をぶっとばす!オススメのギャグアニメ5選!!

GWも終わりまた仕事が始りましたね。

そしてこれからは7月まで連休なし。。

五月病が怖い時期になりました。


・・そんな五月病をぶっ飛ばすには

ギャグアニメを観て笑うしかない!!


というわけで、今回は個人的にオススメなギャグアニメを紹介します。

さよなら絶望先生


f:id:Rtyao:20160506223837j:plain


久米田康治先生作のマンガが原作。
2007~2009年にかけて三年連続で放送されました。

何でもネガティブに捉えてしまう高校教師の糸色望と、超個性溢れる生徒達の間で繰り広げられるブラックコメディ作品です。

第1期は主に個性が強すぎる生徒達の紹介、第二期以降は特定のキーワードにちなんだ時事ネタ/パロディネタが中心の3話構成が多いです。

ネタがかなりギリギリを狙っているので、見てるこっちがハラハラすることも(笑)

何かと個性が強い女性キャラが多く、声優も豪華。シャフトらしい演出が強い。


さよなら絶望先生 特装版1 [DVD]

さよなら絶望先生 特装版1 [DVD]

日常


f:id:Rtyao:20160506223855j:plain


あらゐけいいち先生作のマンガが原作。
2011年に放送されました。

"日常"という名の作品にもかかわらず、とにかく"非日常"なシュールギャグを中心としたアニメです。

ゆる~いテンポから超ハイテンションまで短編集の詰め合わせ。

面白い話とそうでない話の差が大きいですが、独特な雰囲気で見続けたら絶対ハマります。

製作が京都アニメーションだけあって、作画や演出まで全体的なアニメの出来は非常に良いので、安心して視聴できる。

個人的には後半から、ロボ少女のなのちゃんが学校へ通い始めてからが好きです。

ちなみに、こちらから0話が見れますので、一度味見してみてください。


【日常】0話 時定高校 - YouTube




天体戦士サンレッド


f:id:Rtyao:20160506223927j:plain


くぼたまこと先生作のマンガが原作。
2008年と2009年に放送された15分アニメです。

ヒーローと怪人の熱い闘い!・・・と思いきや、チンピラな上に彼女のヒモとして生活しているニートのヒーロー・レッドと、悪の組織なのに常識人で怪人たちのお母さん的存在になっているヴァンプ将軍との間で繰り広げられるドタバタ劇です。
(一応決闘はするものの、レッドの一撃(パンチ)でやられてしまう程の実力差)

ヒーローと悪の組織の正義が逆転している所がツボに入ります。

川崎市溝の口を中心とするの実名の場所が多く登場する等、やけに現実味を帯びている所も面白いポイントかと。

ちなみに、ヴァンプ将軍の声を担当しているのがお笑い芸人・髭男爵山田ルイ53世。とても上手く、オネェ言葉を話すヴァンプ将軍のイメージに適役過ぎる。




ディーふらぐ!


f:id:Rtyao:20160506224219j:plain


春野友矢先生作のマンガが原作で、2014年に放送されました。

ゲーム制作部(仮)を舞台としたドタバタ部活物で、ちょっとしたゲームバトルを中心に物語が進んでいきます。

全体的にテンポが速く、次々と出てくる不条理ギャグと主人公/風間のツッコミが冴えわたります。

ヒロイン3人も可愛く魅力的。ラブコメとして進んでいくところも面白いです。

何でもあり的な展開なのに、最後はきちんとまとまってる・・そんな不思議な作品という印象。

2期来ないかな・・・


生徒会役員共


f:id:Rtyao:20160506224135p:plain


氏家ト全先生作のマンガが原作。
2010年と2014年に放送。OVD化もされています。

名前の通り生徒会を中心とした学園物ですが、とにかくギャグの8割がエグイ下ネタ

ただボケキャラが全員女性キャラであり、お色気シーン等もないため、単純に下ネタをオチとして使ってるので、いやらしさなく楽しめる絶秒なバランスを保ってます。

そして何と言っても、主人公/タカトシの多彩なツッコミ

原作でも色んなツッコミをするタカトシ君ですが、アニメだと声優の浅沼晋太郎さんが色んな声色でバリエーション豊かなツッコミを使い分けてくれています。ほんと、ツッコミだけで特集作れるレベル(今度まとめてみようかな?)

主人公以外はほぼ女性キャラというハーレム物で、下ネタキャラ含め全員可愛くて魅力的。

自分はスズちゃんが好きです。

個人的にはナンバーワンのギャグアニメかと思います。


生徒会役員共 1 (DVD)

生徒会役員共 1 (DVD)


以上、いかがでしたか?

この辛い五月、皆で笑いとばして乗り切りましょう!(笑)