読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

「Re:ゼロから始める異世界生活」高クオリティのアニメ!しかしタイムリープ物としては……

春アニメのここまでの感想です。

今回は「Re:ゼロから始める異世界生活」


Re:ゼロから始める異世界生活 1 [DVD]


(昨夜、第四話が放送されていますが、本記事はまだ第三話までの感想です)


異世界物としては高いクオリティ


昨期の人気作品、「灰と幻想のグリムガル」や「素晴らしいこの世界に祝福を」と同じ、現実世界の主人公が異世界に紛れ込む所から始まったこの作品。

主人公は死に戻りの能力もとに、とある事件の解決に翻弄する、というのが第三話までの内容。


ここまでの率直な感想、

異世界ファンタジーとしては非常に面白いです。

第一話で世界設定をゆっくり見せてくれたおかげですんなりストーリーに入り込むことができたのが大きかったかなと思います。

ヒロイン達も可愛いし、脇役や男性キャラクター達もいい味出してる。

作画も崩れず、特に第三話の戦闘シーンがとても格好良かった。

後は、毎回気になるところで終わり、素直に"続きが見たい"と思わせてくれる演出が素晴らしいです。

主人公がすこしウザい気もするが、頭のキレが良かったり時に男らしい姿を見せたりするなど、所々で主人公っぽい振る舞いをするのも良いですね。(賛否両論あるみたいだけど、ライトノベルの主人公としてはこんなもんかと)


・・結論として、作品として高いクオリティを見せ続けてくれているのかな、と感じています。


タイムリープ物としての評価は…


だが、タイムリープ物として見ると、現状は物足りない所があるのかな。


結局、第三話がラインハルト登場により解決した、ということが少々不満を感じました。

ラインハルトとは最後の時間軸で出会ったばかりなので、彼が助けに来るのは完全にタイムリープ関係ないんですよね…

もうちょい何というか、過去の経験を活かして事件を解決する主人公の姿が見たかったかな……と残念。(一応、先回りみたいなことはしてるけど、結局はそんなに意味なかった)

あとは時間軸の設定がはっきりしない点(なんで毎回チンピラに絡まれるのか?)や、伏線回収がほぼ感じれない点など、ストーリーの緻密さがまだ感じれない。

こういったストーリー展開が加わったら、文句無しの神アニメになるんじゃないでしょうか?

まだ原作第一巻の内容なので、これからストーリー展開が少しづつ良くなっていくのかな・・とちょっぴり期待してます。


最後に


しっかし、冒頭でも述べた通り、最近は異世界ファンタジー物のライトノベル作品が非常に人気高いですね。

ライトノベルとして「考えやすい世界設定」であること、そして今までの流行りであった「ハーレム作品」の勢いが衰退してきたこと、この2点から異世界ファンタジー物が流行し、数が多くなっているのではないか?そう考えています。

そこからただの量産作品にならない為に、プラスの設定を加えるなどして、ストーリーの質が高くなっているのではないかと。

この作品も、死に戻り、という一般的にはありふれたタイムリープ物を異世界ファンタジーに加えること、何とか差異化を成功させています。

今後もタイムリープ物としての緊迫したストーリー展開で、他の作品との違いを見せて欲しいところです。

では。