読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

2016年冬アニメの感想と評価まとめ

4月になりました。

徐々に春アニメが始ってきていますが、今回は

冬アニメの感想と評価についてまとめてみました。


途中で視聴を諦めた作品もあるので、最後まで見た7作品のまとめです。



【評価について】

作画・音楽・キャラ・ストーリー・演出・最終回を、E~A & Sの6段階に、
総合評価をE- ~ A+ & Sの16段階で評価しました。
個人的な感想なので悪しからず。



素晴らしいこの世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を!  第5巻 [Blu-ray]

作画 D 音楽 C
キャラ S ストーリー A
演出  A 最終回 A

総合評価: A


今期ナンバーワンのダークホースアニメとなった本作品。

作画やキャラデザだけ見てると人気が出るアニメとは想定思えなかったが、最初から最後まで一貫してギャグに徹し、最終回では熱くなりつつ笑いどころをしっかり抑えてきたのは本当に面白かった。ここ数年の中でも優良なギャグアニメになったと思う。

とにかく個性が強すぎたキャラクター達が一番の魅力となったと思う。ドMの女騎士とか・・・発想がすごすぎて彼女が暴走するシーンは毎回笑ってしまった。

早くも第二期製作が決定!今度は作画の点を改善して欲しいです。



ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~


ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第2巻 [Blu-ray]

作画 B 音楽 A
キャラ B ストーリー C
演出  C 最終回 B

総合評価: B+


謎解きをしながら、一人づつ部員を集めていく展開は個人的に好きだったし、チカちゃんが最後まで可愛かった。

ただ、肝心の謎解きが盛り上がりに欠けたのが一番の残念ポイント。風呂敷を広げたまま回収しきれず、謎解きが終わってもモヤモヤすることが多かったかな。

最終回は結構よかったので、もう少し部活要素を入れたほうが面白かったかもしれないと思う。

ないかもしれないけど、第二期あったら見てみたいです。


僕だけがいない街


【早期購入特典あり】僕だけがいない街 下(上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 B 音楽 A
キャラ A ストーリー S
演出  A 最終回 A

総合評価: A+


別記事でも何回か紹介しているが、ひとまず素晴らしいアニメ作品となった、という印象。

元々ストーリーが面白い作品で、全12話で原作をどこまで使うかだけが心配だったが、原作でカットする所と原作そのままの所を織り交ぜながら、最終回を完全にオリジナル展開として、原作知らない人も原作ファンの人も楽しめる作品となったと思う。原作ファンには最終回のオリジナル展開は賛否両論あったと思うが、個人的には非常に満足できる終わりだった。

毎回必ず次回が気になる所で終わるようにしており、ミステリー作品で大切なドキドキ感もアニメとして見事に表現していたと思う。

一つ残念だったのが主人公の声。小学生時代は段々上手くなっていったけど、大人版は最後まで棒だったなぁ・・。


灰と幻想のグリムガル


灰と幻想のグリムガル Vol.3(初回生産限定版) [DVD]

作画 B 音楽 B
キャラ A ストーリー A
演出  C 最終回 A

総合評価: A-


最初は女性キャラの可愛さとエロさが気になって見始めた作品。(ユメちゃん、エロカワイイw)

ただ、第二話のゴブリンとの戦闘シーンで思わず見入ってしまった。一番の雑魚キャラであるゴブリンと本気の命の奪い合い。「ゴブリンも生きるのに必死なんだ」という言葉は今でも胸に残っている。

第四話で驚きの展開を迎えたが、そこからも体躯な展開になることなく、最終回まで走り切ってくれたと思います。

演出点では、やはり挿入歌がしつこかったかなと思う。物語を盛り上げるために使用する挿入歌が、なぜかアニメの邪魔をしている感じに取られてしまった。もう少しアニメ展開に合わせて挿入歌を使い分けて欲しかったかな。。


おそ松さん


おそ松さん 第一松 [DVD]

作画 C 音楽 C
キャラ A ストーリー C
演出  C 最終回 B

総合評価: B


初回を見てどうなることかと思ったけど、性格が違う六人兄弟の日常回は面白かったかな。

ただ、実験的に色んな話を入れてきたと思うけど、そんなに面白い回はなかったという印象・・。それでもメチャクチャやってくることは想定通りだし、ハードルもそんなに高くなかったので、最後まで見てしまった。最終回も、こういうアニメの最後としてはアリだと思う。(評価は低いけど)

でもやっぱり過大評価アニメという印象が強い。ちょっと違う方向で売れてしまったのが残念でした。

無彩限のファントムワールド


無彩限のファントム・ワールド 7 [Blu-ray]

作画 B 音楽 B
キャラ B ストーリー C
演出  B 最終回 B

総合評価: B+


こちらも最初見てどうなるかと思ったが、個人的には悪くなかったという印象。

さいごまでシリアス展開もそこまでなく、一話完結のギャグテイストな話を積み重ねてきたので、つまらない回もあったけど、結構面白く感じた話もあり、楽しめたかと思います。

でもやっぱりストーリーは稚拙。ファントムを良いように使い過ぎで、何でもあり日常ファンタジー物になってしまった感が否めない。京アニもわざわざオリジナルキャラやオリジナル展開を入れるのであれば、京アニ文庫からのアニメ化を頻発しない方がいいと感じた。


だがしかし


だがしかし 3 (BD初回限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 C
キャラ B ストーリー C
演出  D 最終回 C

総合評価: C+


駄菓子をテーマにした作品として、原作人気が出るのもわかる。

が、短い作品を混ぜて作っているからか、やはりテンポが悪かった。最終回も微妙な展開のままだったのが残念。オリジナル展開を入れたところも良くなかった。

後は個人的に、ホタルさんが好きになれなかったかな。。胸が大きいだけで変人だし、あと目が怖い。その分、サヤ師の可愛さでプラマイゼロだけどw




以上。

最初は期待する作品があんまりなかったけど、このすばやグリムガルと言ったダークホース作品が出てきてくれたおかげで、結構楽しめた三か月間だったと思う。