リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

逆転裁判1~3のエピソードまとめ

以前は逆転裁判のアニメ化がちょっと心配、って記事を書きましたが、

自分は2001年の初代からの逆転裁判シリーズの大ファンです!


てことで、昔の思い出を振り返りながら、

各エピソードの難易度とシナリオ完成度を勝手に評価していきたいと思います。

逆転裁判

逆転裁判


シリーズ1作目ということあって、全体としての難易度はそんなに高くないです。
ただ、「矛盾」を突いて真相を明らかにしていく、というスタイルは次の作品以降も変わることはありませんでした。

①「初めての逆転」


難易度 :★☆☆☆☆
シナリオ:★★☆☆☆

チュートリアル的な位置づけなので、ボリュームも少ないですし、非常に簡単に矛盾をつけます。

ただ短い割には良くできていますし、犯人の追い詰める所は快感でしたね。

ちなみに記念すべき最初の容疑者の矢張ですが、この後あらゆる場面で登場するとは思わなかった。

②「逆転姉妹」


難易度 :★☆☆☆☆
シナリオ:★☆☆☆☆

師匠の綾里千尋が殺害され、お妹の真宵ちゃんが容疑者として逮捕。

更に犯人がかなりの権力者で、最後は成歩堂が犯人扱いされてしまう!

・・・・といった緊迫した展開の割には、班員が最初の弁論で分かりやすい嘘ついて追い詰められるなど、小並感が否めない感じでした。

まあ、お偉い星影先生の方が小並過ぎて笑ったけどw

③「逆転トノサマン」


難易度 :★★★☆☆
シナリオ:★★★☆☆

3回にわたり探偵パートと裁判パートを繰り返すので、ボリュームがあります。

探偵パートは色々と移動しなければならないため、結構大変です。

裁判は、中編の男の子から真実を聞き出す場面が印象にに残りました。犯人の追い詰め方も良かったです。

④「逆転、そしてサヨナラ」


難易度 :★★★☆☆
シナリオ:★★★☆☆

2話と3話で適役として登場した御剣検事が容疑者として逮捕し、成歩堂が弁護する話。謎だった成歩堂と御剣(後、矢張)の過去が明らかになったりと、物語の核心にせまるエピソードです。

裁判は1本目の写真ベースの展開は結構厳しいですが、そのあとは軽めです。

特に最後の事件、迷宮入りの割にはあっさり犯人が分かってしまい・・もうちょい欲しかったな、っていうのが本音。


蘇る逆転

逆転裁判 蘇る逆転

逆転裁判 蘇る逆転


難易度 :★★★★★
シナリオ:★★★★☆


DS移植の際に追加されたエピソードで、逆転裁判1から4か月後、逆転裁判2の前、という位置づけです。

本エピソード限定ヒロイン、宝月茜ちゃんがとにかく可愛い!限定ヒロインには惜しい存在でした。この茜ちゃんがいるお蔭で、探偵パートは化学検査等あって結構やっかいですし、

裁判パートもおそらくシリーズ最高難易度ではないかと思うくらいややこしいです。最後の方に選択を間違えるとバッドエンド行。

話はとても面白いのですが、もう少しコンパクトにしてほしかったな。


逆転裁判

逆転裁判2


探偵パートにて、「サイコ・ロック」という新要素が導入された以外は前作と同じ感じですが、
前作と比べ難易度は非常に高いです。


①「失われた逆転」

難易度 :★★★☆☆
シナリオ:★★★☆☆

チュートリアル要素を持たせるためだけに記憶喪失にされた成歩堂が気の毒なエピソード(笑)

ちょっと考えないと分からない場所もあり、1話目の割には難しめです。シナリオも良くできています。

ちなみに容疑者のマコちゃんは、今後"逆転検事"含め3回容疑者になる可哀想な子です。。(最多記録)

②「再会、そして逆転」

難易度 :★★★★☆
シナリオ:★★★★☆

真宵ちゃん容疑者&はみちゃん初登場の回です。

事件に霊媒が関係しているせいで、真宵の無実を証明する裁判パートが非常に難しいです。サイコロックも慣れるまで大変でした。

このエピソードは事件の内容より、最後に明かされる班員の動機が印象的です。。まさかそうくるか?って思いました。

③「逆転サーカス」

難易度 :★★★★☆
シナリオ:★★★★★

サーカスが舞台のエピソード。個人的には一番好きかも。

事件のトリックが良くできており、思わず「おぉ」と声が出てしまいました。

犯人の動機に少し「?」を感じますが、最後に班員を追い詰める所まで完璧です。

④「さらば逆転」

難易度 :★★★★★
シナリオ:★★★☆☆

真宵ちゃんが誘拐され無罪判決を要求されるという、一風変わったシナリオになってくるこのエピソード。

前半はいつも通り事件解決に向かいますが、後半はどうしてら真宵を助けることができるのかを軸に話が進むので、一つ一つの選択が非常に悩ましいです。

裁判パートが事件解決に向け進まないもどかしさがおりますが、非常に考えさせられる話です。

後、エピローグの◯◯の◯◯顔は永久保存物でしょう


逆転裁判

逆転裁判3


シリーズ最終作の位置付けとなった本作品。

初めてエピソードが5話入りましたが、その内の裁判パートのみ2エピソードは成歩堂の師匠、千尋さんを主人公として話が進みます。

過去と現在が交錯しながら、最終エピソードで繋がっていく様は感動物です。

①「思い出の逆転」

難易度 :★★★☆☆
シナリオ:★★★★☆

千尋さん、二回目の裁判。容疑者は大学生の成歩堂です(全然キャラが違う。うざい)

2と同様、最初のエピソードですが難易度は高め。よく考えないとわからない箇所も多いです。

とにかくこのエピソードでとんでもない悪魔が誕生することに……間違いなく逆転裁判史上、最恐の犯人でしょう。

② 「盗まれた逆転」

難易度 :★★★★☆
シナリオ:★★★★★

流行りの怪盗物を含めたエピソード。

前半と後半で扱う事件が異なり、特に前半は成歩堂が唯一殺人事件を扱わない(逆転裁判5ではあるが)事件として非常に珍しいです。

犯人の意外性や、最後の犯人の追い詰め方とか、個人的に最も完成度の高いシナリオかと思っています。

③「逆転のレシピ」

難易度 :★★★★★
シナリオ:★★☆☆☆

警察官を辞めてウェイターになったマコちゃんが二回目の容疑者に。

成歩堂の偽物登場で「おおっ」っと感じで始まるのですが・・・全く似てないし、何で誰も気づかないんだ、ってツッコミどころ満載で若干シナリオとして破綻してます。

ただトリックは秀才で、裁判パートの謎解きは面白いです。

ただその反面、難易度は高め。雑魚だと思ってた糸鋸刑事にかなり苦戦しました・・

④「始りの逆転」

難易度 :★★★★☆
シナリオ:★★★★☆

再び千尋さんパート。千尋さんの最初の事件です。

勧めるうちに次々と過去の話とつながっていき、驚きの連続ですが、最後は本当に予想だにしなかった結末を迎えます。

事件としては写真や地図のみでの検証なので、非常に難しいです。

⑤「華麗なる逆転」

難易度 :★★★★★
シナリオ:★★★★☆

シリーズ最後の事件。今までの過去の話が全て繋がる様は非常に感慨深いです。

事件に霊媒が多く絡むこともあり、事件の難易度は非常に難しめ。後、トリックは・・う~ん?となってしまいました。

ただ御剣の弁護を初め、サプライズが非常に多いエピソードですので、最終話としては完璧かと思います。



以上です。

色々と書いてきましたが、逆転裁判1~3はとにかく面白いです。未プレイの方は今からでもプレイしてみては??