読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充オタクに憧れて

リア充オタクを目指すアラサー男子の徒然日記

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 感想

公開から三週目にしてやっと見に行きました……

-ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-


【チラシ付き、映画パンフレット】 ソードアート オンライン オーディナルスケール


感想と評価です。

ソードアートオンラインとは?


ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)


ソードアートオンライン川原礫先生によるライトノベル作品。オンラインゲームを中心としたバトル系ファンタジー作品です。

アニメが2012年7月~9月と2014年7月~9月に放送され大ヒット。近々ハリウッドで実写化されることが決定しています。

物語は各章に別れており、アニメでは2012年に「アインクラッド編」と「フェアリィ・ダンス編」、2014年に「ファントム・バレット編」「キャリバー編」「マザーズ・ロザリオ編」が放送。

そして今回の映画はこれらの続編でありながらも、ライトノベルでは描かれていない、作者書き下ろしの完全オリジナルストーリーというのが見所のひとつです。

尚、映画を見るとしたら一章の「アインクラッド編」は必須、後は見てなくてもそれなりに楽しめると思いますが、やはりアニメ版を全て見てから行くのがベスト。最終決戦でアスナが使った必殺技がもう……アニメ版を全て見てる人が見たら鳥肌立ちます。一章を見る時間がない方は、総集編的扱いの「Extra Edition」が二時間くらいなので、それだけ見て予習していくのもアリかと。


ソードアート・オンライン Extra Edition(完全生産限定版) [Blu-ray]


あらすじ

まずは簡単なあらすじ。(HPから引用)


f:id:Rtyao:20170321000034j:plain


2022年。天才プログラマー茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。


今回はARではなくVRゲーム中心なので、自分の身体を動かすことになります。なので、これまでチート的強さを見せてきたキリトが序盤ヘタレ気味で、完全にやる気ない感じを見せたのが珍しかったですね笑。

さて、感想と評価です。

動画/作画


20/20点


戦闘動画は圧巻!

途中の各ボス戦も迫力あって凄かったですが、最終決戦はハンパなかったです。動きすぎ!画面酔いしてしまいそうな勢いでした。この最終決戦だけでも見る価値ありかもしれないです。

また今回はARということで東京の街が登場しますが、どこも再現度が高かったですね。「君の名は。」と比べるってのははありますが、かなり街の描写にもこだわっていたかと思います。

音楽


19/20点


Catch the Moment


まず主題歌を唄うLiSAさん。SAOと言えばやっぱりこの人ですよね。

透き通った唄声、盛り上がりながらもどこか切ないエモーショナルロック・・・。この曲を聴いただけで映画の光景を思い出すくらいイメージに合致した素晴らしい主題歌でした。一回でいいからライブで生歌を聴きたい!


劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- Original Soundtrack


後、何て言っても本編のキャラクター、ユナが唄う劇中歌。アイドルソングかと思えば、戦闘中に唄う曲が不穏な空気を纏っていたりと……各シーンを描く最適な曲でした。さすが梶浦由紀さんといったところでしょうか?

ユナ役の神田さやかさんのポテンシャルの高さに毎回脱帽です。声も違和感ないし、歌声も綺麗・・アニメ向ですね完全に。

キャラクター


17/20点



いつもSAOの不満な点が、過去のキャラクターがあんまり登場しない所でした。アインクラッド編で登場したアスナ以外のヒロイン達は第一期の登場は二話しかない等、不遇な扱い。それだけキリトとアスナ中心の物語と言っていいかもしれない。

そういう意味で今回はほぼすべてのキャラに見所があってSAOファンにはかなり満足だったかと思う。


f:id:Rtyao:20170321000808p:plain:w400


特に個人的MVPはシリカ

序盤シーンで照れながらもノリノリで歌い出すシリカ、未だキリトに未練たらたらのシリカ……あらゆるシーンが可愛かった!笑。結構ストーリーにも深く関わってきて、最後の勇敢にボスに立ち向かう所とか少し感動してしまいました。


敵キャラが少し小物感があったのだけが残念だったかな?


ストーリー


15/20点


肝心のストーリーですが、非常にシンプルに分かりやすく進んでいたのでとても見易いかと思います。その分、伏線とかもそんなにないので少し単純な感じにも思えるかもしれないです。

ただ、SAOといえばゲームとリアルがクロスする独特な緊迫感が見所のひとつであると思っているので、本作ではあまりその緊迫感は控えめだったかなと感じました。必ずしも命のやり取りが見たいわけではないですが、もう少し厳しくあっても良かったかな……と。

ただ、あくまでストーリーの主軸がキリトとアスナの絆がであるということはハッキリしていたの良かったですね。実は第一期以降、二人の関係が進展した場面ってあんまりなかったので……まぁ、イチャイチャしやがってとは思うけど、SAOの集大成という感じがしました。

演出


18/20点


最初から戦闘シーンの連続で、少しづつ不穏な展開を引き出していく作りだったので、序盤から退屈することなく観れたかと思います。無駄な場面もなかったし。ラスボスもSAOファン満足の演出でした。

一つだけあるとすれば、途中から登場する謎の少女がどういう立ち位置だったのかが最後まで案てしなかった所ですかね。

総合


89/100点


総合的に、非常に満足度の高い映画でした。

SAOアニメを見てない人が見て楽しめない……ってとこだけが残念ですが、それでも一見の価値有かと思います。


まだまだSAOは終わらないコンテンツかと思うので、是非また映画化やアニメ化してほしいですね。実写映画は……PV見て考えます笑。


おまけ


劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル スケール 入場特典 3週目 小説 『 ホープフル・チャント 』



購入特典の短編小説・・・これだけでもかなりの重量感あります。本編後に読むとより感動してしまう・・。ぜひ映画館でゲットしてみてください!

今だから読んで欲しい!comicoコラボマンガ!

www.comico.jp


最近、バイト探しanとのコラボマンガが公開されているcomico

パステル家族、きみのこえ。、かぜかなた、今週のかなでさん、と言った人気作品がPR用マンガで登場!



しかしコラボ漫画といえば、昔行われたイベント作品を思い出します。

その名も「コラボマンガ」!!


コラボマンガとは??


コラボマンガとは、2014年11月から2015年7月までの間で行われていたcomicoの特別企画。名前の通り、2つの作品がコラボした作品です。

好きな作品の番外編が読めるというだけでなく、知らない作品を知る良い機会が得れる、良い企画でした。実際、コラボから読み始めた、ってコメントも多かったようです。

そして、このコラボ作品、いまでも無料で読めますし、コメントも書けます。読んでない方は是非一度読んでみてください。


Webからはこちらで読めます。↓

www.comico.jp



アプリの方はちょっと煩いですが、まずホーム画面をおもいっきり下に移動させると、イベント作品アーカイブ、というのが見えるかと思います。

ここをタップして上から四番目にコラボ作品企画とあるので、ここに移動するとコラボ作品が読めます。

f:id:Rtyao:20170312031522p:plain:w500



コラボ作品一覧


コラボ作品は全部で9作品。簡単に紹介したいと思います。

① 妄想救出大作戦


f:id:Rtyao:20170312031535j:plain:w300


まず記念すべきコラボ最初の作品は、インコのりゅうちゃんとの生活を中心としたエッセイ漫画「ぼく りゅーちゃん ~インコと500日漫画家~」と、最近完結したギャグ系バトルマンガ「妖怪バスター スカンクガール」

少しマイナー作品のコラボでしだか、作者の二人の絵のタッチが似ていたり、二作品のギャグが見事にマッチしていたりと、非常にクオリティ高いコラボでした。


② イチゴとトマト


f:id:Rtyao:20170312031549j:plain:w300


二作目は現在「かぜかなた」連載中、りょく先生の前作「和おん!」と、土曜連載中破魔矢くん‼」のコラボ。

どちらも人気作品で、さらに当時comicoの一二を争うリア充カップルの共演ということで話題となりました。オススメ数もコラボ作品の中では最も高いです。

ちなみに、タイトルの「イチゴとトマト」は各カップルの総称(イチヤ&ナゴミ、トオル&マトコ)から取った物です。



③ ギャグに溺れて


f:id:Rtyao:20170312031601j:plain:w300


三作目はcomico初期から連載していたギャグマンガ、金曜連載の「今週のかなでさん」と、現在水曜連載「ゲドーボール」作者の前作「学園セイソ」のコラボ。

とにかく最初から最後まで意味の分からない展開。これぞギャグマンガ!といった感じです。最後には両作者も登場しています。

ここからcomico内で「スパニッシュ!!」という台詞が軽く流行りました。笑



④ 反人間


f:id:Rtyao:20170312031614j:plain:w300


続いてはホラー系マンガのコラボ。土曜連載の長期作アンダーワールドの世界に、こちらも月曜連載の長期作「遠くの日には青く」に登場する謎多きキャラクター、ナツメちゃんが登場する、というストーリーです。

全体的にはちょっと気味が悪いオーラですが、合田君の顔芸全開など笑いどころもあり、かなり異質なコラボ作品かと思います。



⑤ カボぐらし・ちーぽ饅頭が100万個!?ダイマオー倒産の危機


f:id:Rtyao:20170312031700j:plain:w300


こちらも長期作品同士のコラボ。金曜連載の「カボ!大魔王への道」と土曜連載「かぴぐらし」

ファンタジーとエッセイのコラボとかできるの?と心配していたが、蓋を開けてみるとカボ軍団が経営する会社にかぴが入社してくるという異質な設定!笑。カボ軍団の可愛さとかぴのうざさが際立っています。まさに番外編!って感じです。


⑥ いつでも岩朽木荘の夜


f:id:Rtyao:20170312031645j:plain:w300


続いては怪談と妖怪のコラボ作品。水曜連載「肝潰しの夜」とplusにて月曜連載中の「いつでもイヅル荘」のコラボです。

ストーリーは肝潰しのさっちゃんと、イヅル荘の楓の二人の友情がメインです。ギャグも多いですが、最後は少しほっこりできる良いコラボです。

⑦ KADOMATSU OF THE DEAD


f:id:Rtyao:20170312031712j:plain:w300


plus絶賛連載中のサクラギンガ先生による完結作品「みかどとまつり」と、comico内でもかなり多くのファンがいることで有名な完結作品「On the way to Living Dead」の異色コラボ。

「みかどとまつり」の世界(魔界)にゾンビが紛れ込み、アンドリュー達とアルマ達が共に闘うという熱い展開!アンドリューが〇〇されているシーンには多くのコメントが寄せられています笑。アルマの際どい服装にも注目です。



⑧ 裏非常勤勇者~児玉先生~、異世界出張の巻~


f:id:Rtyao:20170312031726j:plain:w300


水曜連載夜間学校の裏先生」と土曜連載「非常勤勇者」のコラボ作品。「非常勤勇者」の舞台である異世界に、幽霊と戦える戦士(?)として児玉先生が召喚されるというストーリー。

相変わらずへべれけで頼りない勇者の宮本さん、相変わらずイケメンで優しい児玉先生、そして児玉先生の前で思わず乙女モード全開の菊池さんの3人のやりとりがとても面白いです。全体的にギャグテイストで出来上がっています。


⑨ パステル書房~それでも僕は本を売る~


f:id:Rtyao:20170312031738j:plain:w300


そして現状コラボ作品のラストは、金曜連載にてcomicco初期作品の2つ、「パステル家族」「失格人間ハイジ」。コラボ作品唯一の前後編構成です。

「パステル家族」の優しい世界観、「失格人間ハイジ」の巧みな縦スクロールを使った演出。さらに構成力の高い2作者だからこそできるストーリーに思わずほっこりしてしまいます。また遊び心満載の作品で、これぞコラボ!って感じる神作です。

なお、「パステル家族」は本編とも軽くリンクしてますので、読み返してみると新しい発見があるかも・・。



いかがでしたか?

最近は収益ばかり追い求めてこういったイベントは中々やりづらいと思いますが、
とても面白い企画なので、また是非やって欲しいですね。

comico 2017年1月/2月まとめ

comicoのランキング/新連載/完結作品やら、月毎にまとめます。

今回は特別、1月と2月分です。

① ランキング

まずは総合ランキングから。

なお、2月分ランキングは、訳あってplusからの移行作品は除外しています。(詳細は後述します)

1月総合ランキング

順位 タイトル 曜日 オススメ数 変動 前回順位
1位 カカオ79% 3,690,395 2位
2位 ReLIFE 3,486,965 1位
3位 傷だらけの悪魔 2,352,242 3位
4位 きみのこえ。 2,085,940 5位
5位 ミイラの飼い方 1,718,594 4位
6位 乙女的シンドローム 1,411,154 9位
7位 パステル家族 1,355,634 8位
8位 かぜかなた 1,227,163 7位
9位 こいいぬ 1,199,252 6位
10位 ボーイミーツガール 1,101,846 1位

2月総合ランキング

順位 タイトル 曜日 オススメ数 変動 前回順位
1位 ReLIFE 3,388,443 2位
2位 カカオ79% 2,816,054 1位
3位 傷だらけの悪魔 2,509,162 3位
4位 かぜかなた 1,275,726 8位
5位 ミイラの飼い方 1,253,227 5位
6位 パステル家族 1,234,358 7位
7位 乙女的シンドローム 1,086,055 6位
8位 胡蝶の夢 930,226 16位
9位 坊ちゃんとメイド 917.488 19位
10位 となりの席の小林さん。 875,455 11位


ReLIFE』と『カカオ79%』の熾烈な1位争い!

それに実写映画が公開された『傷だらけの悪魔』が続くという構図です。

全体的に、青春恋愛漫画が目立ちますね。


急上昇!お勧め漫画


惜しくも10位圏外ではありますが、最近ランキング急上昇中の作品を紹介。



f:id:Rtyao:20170306212536j:plain

今回は木曜連載『えんたく』


なりきりチャットで魔王を足した伝説の勇者を名乗っていた朝田。

しかし、そのチャットにいた魔法少女・幽霊・超能力者・・は全員本物!やがて朝田は偽りの勇者として、メンバーそれぞれの闘いに巻き込まれていきます。

序盤は何の力もない朝田がいかに仲間&敵の目を誤魔化すかという、ラッキーマン的な作品だったのですが、
最近は様々な事実が明らかになり、とても深みのあるストーリーになってきています。ランキング上昇も頷ける。



② 新連載

1月は9作品、2月は4作品が新たに連載を開始しました。

1月新連載

タイトル 曜日 作者 連載開始日 備考
海のカケラ natsuno 1/1 前作『みさきの向こう側』連載
コウヘイ君は謎解きにいそがしい mr.yoda 1/2 前作『卵を見つけた』連載
アイドル育成ちゅ~♪ 星空社/青条子 1/3
人生カンパニー ニコラ 1/1 ベストチャレンジからデビュー
ねこの茗 猴淳良 1/9
今を生きるうさぎ仮面 Team Kae Jeam 1/18
サンシャイン・ネイバーフッド Ozakaoxygenz 1/26
美女は野獣 横山夏期 1/28 前作『あねしゃ。』連載
3rd Time Kiss Vicmon 1/31

2月新連載

タイトル 曜日 作者 連載開始日 備考
ゲドーボール 珍獣モリリン 2/1 前作『学園セイソ』連載
星のはな いもだ 2/9 ベストチャレンジからデビュー
十二支保育園日記 マルじ 2/13 セブンナイツCUP入賞
彼氏アリ 白ウサギ 2/21
あそぼうよ★くまじろう ピータームーン 2/24 plusと並行

注目作品


個人的には、前作を連載していた下記3作品がお勧めです。(ちなみに前作は3つとも無料公開中です)


f:id:Rtyao:20170306212111j:plain


まず、月曜連載の『コウヘイ君は謎解きにいそがしい』
幼馴染のアイリが見つけたちょっとした謎を、主人公のコウヘイ君が頑張って解くという、comicoでは初めての日常謎解き漫画。先読みとの相性抜群です。

前作『卵を見つけた』では、ギャグとシリアスを見事に混ぜ合わせたファンタジー作品。
「お尻が危ない作者」とか「アッーーーー」とかコメントで見るかと思いますが、前作の休載話を見ると意味が分かるかと思います笑。


f:id:Rtyao:20170306212131j:plain


次に、土曜連載の美女と野獣
3人の美少女が1人の少年を狙うというハーレム漫画。実はこれまでcomicoになかったジャンルですね。

作者は本作品をベストチャレンジとして掲載して人気となり、本連載を獲得したのですが、連載開始したのはちょっと目つきの悪い普通の女子高生と、そんな彼女を姉貴と慕うヤンキー少女と物語『あねしゃ』でした。

約二年後の幻のベストチャレンジ作品復活となり、かなり連載開始から盛り上がりを見せています。


f:id:Rtyao:20170306212149j:plain


最後は、水曜連載『ゲドーボール』
ゲートボールを題材にした不条理系ギャグマンガです。意外にもゲートボールのルールの解説は真面目で面喰いました笑。

作者の前作『学園セイソ』はcomico創立時に連載していた作品の一つ。
ツッコミ不在の理解不能が展開で、人気があった作品ではなかったものの、徐々に洗脳者が続出したりと、多くの読者に愛された作品でもありました。

唐突な連載終了で驚きましたが、まさかのcomicoへの復帰!また洗脳者が増えるのだろうか・・・?



なお、全体的に新連載作品は苦戦してる感じですね。ランキング上位が厳しそうです。
せめて無料公開話の数を増やしてあげないと厳しい気がしますね。


③ 完結作品

1月完結は6作品、2月完結は7作品でした。
(ここでの連載終了日は最終話の通常公開日でカウントしています)

1月完結作品

タイトル 曜日 作者 連載終了日 全話数
空色のグラフィティ カルトマ 1/10 53話
jinx 鳩ノマメ 1/13 60話
ビーストテイマー 三矢あきら 1/17 46話
ギガンテックガール ゴ太郎 1/22 113話
あべさんちのご主人 キクイタダキ 1/30 19話
きみにこえ。 降矢まち。 1/31 136話

2月完結作品

タイトル 曜日 作者 連載終了日 全話数
とうこん!~唐辛子コンプレックス~ わだちみゆき 2/4 120話
ぎじん課っ!ω! たちばなよしあき 2/6 105話
妖怪バスター スカンクガール 平田トウエイ/中田おみと 2/8 131話
僕らの記憶喪失 irum 2/14 83話
すーぱーにっく 広瀬ヨリト 2/26 50話

注目作品


全体的に100話声の長寿作品の完結が目立ちました。


f:id:Rtyao:20170306212209j:plain


特に反響が大きかったのが、ランキング上位常連の『きみのこえ。』の終了。
最終話ではオススメポイント700,000越えと、リニューアル後では最大のポイントが集まりました。

書籍化してほしいですね、ぜひ。


④ 長期休載関連

f:id:Rtyao:20170306212915j:plain

長期休載として、2/25に情報開示されたのが『ボーイミーツガール』

火曜日の人気作品であり、これまで大きな休載もなかっただけに、読者から落胆の声が多いようです。

病気なのか何なのか原因は不明ですが、ぜひ早く戻ってこられることを期待したいですね。


一方、逆に長期休載に入った作品で、再開の連絡があった作品が3作品。

  • 金曜連載の『剣の王国』
  • 月曜連載の『夜色のライオン』
  • 水曜連載の『子執事たちの珍客』

これらはまた3月まとめで詳細を記載予定です。

⑤ 書籍情報

続いて1月 or 2月に発売された書籍情報です。

タイトル 巻数 発売日
ピアシェ~私のイタリアン~ 2巻 1/12
咲くは江戸にもその素質 4巻&5巻 2/10
ナンバカ 4巻 2/10
ReLIFE 7巻 2/25


アニメ放送中の『ピアシェ』、アニメ配信中の『ナンバカ』の最新刊。

そして『咲くは江戸にもその資質』は今回で遂に完結!comico漫画の中で初めて完結まで書籍化された作品となりました。長年愛され続けてる作品だということを実感しますね。

そして『ReLIFE』は遂に7巻!収録話も100話超えました。

ReLIFE7 (アース・スターコミックス)

ReLIFE7 (アース・スターコミックス)


⑥ その他

plus作品がcomicoへ移行


まず最初に大きな変化は、plus連載中の作品がいくつかcomicoでも公開されたという点。

移行された作品は全部で28作品!ここから確認できます。

http://www.comico.jp/titlelist/6/

f:id:Rtyao:20170306212227j:plain


注目は、plusで数多く存在する商用漫画を抑え、堂々の人気ランキング1位を獲得している月曜連載『俺のメンタルは限界です』

オタクで自分に全く自身のない男子高校生と、見た目ヤンキーのツンデレ女子高生が中心の青春ラブコメ

注目は何といっても、最強ツンデレ少女のくーちゃん!
見た目はちょっと怖いのに、主人公のこと好きすぎてデレまくる姿が半端なく可愛い!!

ノリが苦手な人はいそうですが、キャラクターがいいので一度読んだらハマること間違いなしです。


f:id:Rtyao:20170306212323j:plain


個人的なお勧めは、土曜連載『モノクロラバーズ』

感情を色として感知できる不思議な少女を中心とした青春ストーリー。

絵がきれい&可愛いので、一瞬で作品に入り込んでしまいます。
まだ連載開始から日が浅いので、頑張れば最新話まで間に合うと思います。


こうやってcomicoで連載しても問題ない作品を移行してくれたのはうれしいのですが、
大きな問題はランキングが大荒れしている、てことですね。

plusの長寿作品は一気に50~60話超の連載開始し、さらに(運営の言いなりでか)先読みも10話以上が多いです。
すなわち、comicoの作品と比べ、おすすめポイントが集まりやすくランキングが上がりやすいんですよね。
実際、plus移行作品は軒並みランキング上位に位置しており、さらに運営も「ランキング急上昇作品!」と謡ってます。

正直、今のランキング制度はアンフェアじゃないですよね。。なんか別の集計方法を考えたほうが良い気がする。

『傷だらけの悪魔』映画公開!


傷だらけの悪魔(1) (アクションコミックス(comico BOOKS))


2/4に映画『傷だらけの悪魔』が公開されました。

さて、気になる反響はというと。。。

そもそも新宿でしかやってないじゃん!

ということで、完全に空気映画となってしまってますね。『ReLIFE』が心配・・。

ただ、とあるレビューサイトではでは評価3.5点/5点だったので、まぁ悪い出来ではないのでしょう。アピール不足??




というわけで、1月/2月のcomicoまとめでした。

ReLIFE 第7巻 「ベリースイートから会心のドストレート」

珍しく発売日に手に入ったので感想を。

ReLIFE 第7巻 2/25発売!


ReLIFE7 (アース・スターコミックス)


遂に第7巻!

累計150万部突破!まもなく実写映画公開!!と波に取りまくっているReLIFE

第7巻はcomicoでの98-111話が収録されています。遂に100話突破!


テーマはずばり「恋」


さて、2巻から6巻にかけて、狩生ちゃんの闇モードによるシリアス展開が中心だった本作ですが、

7巻のテーマは、もしかしなくとも、「恋」!!


高校一年生の時から2年間、大神に片想いだった狩生。二人の仲が遂に動きます。

てな訳で、軽く本編紹介。

海崎の揺さぶりに大神の気持ちが…


これまで「鈍感オーガ」の名の通り、狩生の分かりやすいデレに全く気づかなかった大神。

そんな海崎は大神に揺さぶりをかけ、大神が少し意識し始める、というのが6巻の内容。

そしてそんな海崎の突っ込みが効果覿面!


f:id:Rtyao:20170226225007j:plain


なんと、大神が狩生のこと好きだと認識し始めた!

ピュアオーガ初めての恋に海崎だけじゃなくニヤニヤが止まらない読者達。


決戦は花火大会へ


そして物語は花火大会へ突入。二人はこの花火大会で自分の想いを伝えることを決意するのです。(もちろんお互い自分を好きなことを知らない)


f:id:Rtyao:20170226230908j:plain


ずっと片想いだった狩生。初めて狩生のことを意識し始めた大神。

二人の可愛すぎる恋愛模様は胸が高まること間違いなしです。

何この二人可愛すぎるんですけど!と叫びたくなるはず


f:id:Rtyao:20170226230932j:plain


で本編をすでに読んだ人でも読み返しでニヤニヤが止まらない中、7巻の書下ろしおまけ漫画で確実にノックアウト☆です。

最後の3ページの二人の可愛さが群を抜いてます。いや、なんというか、青春っていいなぁ・・・と思います。(←アラサー男子)


……ちなみに本編がかなりシリアスムードなので、心痛めてる方は是非この巻で萌えをチャージすることをオススメします笑。

海崎の気持ちにも変化が??

f:id:Rtyao:20170226231144j:plain

更に二人の恋を見守る海崎と日代にも、少しづつ気持ちの変化が生まれますReLIFEとは自分を見つめ直す為の物というのを改めて実感しますね。

しかし一年後には皆の記憶から消えてなくなる海崎にとってはモヤモヤが増すばかり……。後半は少し切なーい空気が。


ラストは衝撃のドストレート!


そしてそんなスイートだらけの本巻のラスト、衝撃の展開を迎えます。
(と言っても、comicoで最新話まで見てる人やアニメ見ては人はも既に知っている事実ですが)

マンガで追ってる人にとっては、まさに会心のドストレートを喰らうことでしょう笑。

とても気になるところで終わる7巻。次巻は海崎がReLIFEする前の過去編になり、ReLIFEの核心に迫る大事な巻になるでしょう。

読み返しにぴったりの7巻


さてニヤニヤしながらも切なくなったり度肝を抜かれたりと、いろんな感情が芽生える第七巻。

comicoでもレンタルチケット制になり気軽に読み返せなくなったため、是非お手元に置いておくことをオススメします。


大神&狩生のデレは永久保存版です!!笑


ReLIFE7 (アース・スターコミックス)

ReLIFE7 (アース・スターコミックス)

2017年冬アニメ、3話までの感想まとめ

1月も終わり。冬アニメも様子見の3話まで終わりましたので、感想をまとめてみました。

個人的な感触を10点満点中何点かで採点しています。では。

うらら迷路帖


うらら迷路帖 第1巻(イベントチケット優先申込券付 初回限定版) [Blu-ray]


- 7点 /10点

安定のきらら系って感じですね。

キャラクターの可愛さは流石だし、何よりもエロイ笑。独特な和の世界観が個人的にはとても気に入りました。四人の占いがどう活きてくるかも楽しみです。

いい癒しアニメになりそうだけど、笑い処があまりないのが気になる笑。5年前とかなら流行ってたかもしれないけど、今では厳しそう?


幼女戦記


【Amazon.co.jp限定】幼女戦記 1( 全巻購入特典:「ターニャ・デグレチャフ少尉、戦勝記念肖像画(アニメ描き下ろしイラスト使用 キャンバスアート)」引換シリアルコード付 ) [Blu-ray]


- 7点 /10点


期待してなかったけど、2話で衝撃の事実が明らかになってから引き込まれた感じがする。ターニャは幼女の顔をした悪魔というか、合理主義の社畜おじさんって感じで、怖いけど憎めないキャラに仕上がってるのも良い。

戦闘シーンの魔法?要素は分かりづらいのがちょい自分はきつい……イゼッタの方が分かりやすかったし。単純なミリタリー系にならず、いかに驚きの展開を組み込んでいくかで評価が変わりそう。

オーバーロードみたく今期のダークホース的存在になるかな?

亜人ちゃんは語りたい


亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


- 8点 /10点

亜人と日常系の融合作品。

可愛いキャラクターととても優しい世界観が魅力ですね。原作が人気なのも頷ける。デュラハンちゃんが可愛く見えるってスゴい……(いや、デュラララでもあったか笑)

単純なハーレム物にならなければいいですね。主要キャラは4人は大丈夫だけど、中盤で出てくるであろう新キャラがカギを握ると思う。

リトルウィッチ・アカデミア


TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」Vol.1 Blu-ray (初回生産限定版)


- 7点 /10点


トリガーらしい作品。今風じゃないけど親しみのあるキャラデザに、良く動くけど崩れない作画。1話の構成が良いから30分見終わってからの満足度高い。なんか古き良き夕方アニメを見てる雰囲気で懐かしい気分を味わえますね

魔女の学校という舞台はやりつくされた感があるので、ここから物語がどのように展開されていくのかが期待。ずっと日常物だと流石に飽きそう……。

⑤ カヴリールドロップアウト


ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]


- 9点 /10点


今期一番ハマったかもしれない笑。

ヴィーネ&サターニャの悪魔組の可愛さが異常。作画も崩れないし、テンポ良い。OP/EDとも中毒性高し。安定の動画工房、ほんといい仕事しますね。

問題は……ガブとラファエルがやり過ぎるとちょい嫌気が指すので控えめにしてほしいところかな?まあ、サターニャが可愛ければそれだけでいいのかもだけど。特にガブはうまるみたいなクズ可愛い感じが必要な気がする。


小林さんちのメイドラゴン


小林さんちのメイドラゴン 1 [Blu-ray]


- 8点 /10点


クール教信者×京アニ

1話は正直微妙だったけど、二話でカンナちゃんでてきてからは良くなった。今後もどんどんキャラ増えていくみたいだし、右肩上がりになりそうな勢いを感じる。

キャラの可愛さは他作品に劣る(カンナちゃん以外)けど、ギャグ中心に話を進めながら、急な戦闘シーンをいれてきたり、一瞬シリアスな雰囲気にしたりと、緩急の付け方が見事。やっぱり京アニですね。


⑦ この素晴らしい世界に祝福を


この素晴らしい世界に祝福を! 2第2巻限定版 [Blu-ray]


- 9点 /10点


30分間見た後の満足感がスゴい。

詰め込みすぎてる訳でもないのに……一つ一つのシーンに全く無駄がなく面白いからそう感じるんでしょうね。アクア・めぐみん・ダクネスの残念さも健在でした。個人的にはカズマとめぐみんのやり取りが一番好きです笑。

作画が一番心配だったけど、2話と3話の作画はかなり良かった。各回によってバラつきがあるかな??このままのクオリティで完走してほしいなぁ。


クズの本懐


クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


- 7点 /10点


これ放送大丈夫か?

と心配になるくらい1話からエロイ。思わず唸るレベル笑。ストーリーはとても大人な雰囲気で見いっちゃいますね。

結構原作をぶつ切りしてる感が出てるからそこだけ心配。原作とアニメが同時に最終回を迎えるらしいので、どんなラストになるか注目。バッドエンドの可能性もあるからね。

⑨ BanG Dream!


BanG Dream! 〔バンドリ! 〕 Vol.2 (イベント最速先行販売申込券付) [Blu-ray]


- 6点 /10点


うーん。。期待外れ感が強かったなぁ。

ストーリー展開が強引すぎる。主人公が全く好きになれない。作画が安定しない。肝心の中身もラブライブと似てる部分が多くて目新しさがない。今のところ、良い点を見つけるほうが難しい・・かな。

ただ、この作品は中盤以降のライブシーンや、アニメ終了後のライブ活動が勝負どころかと思うので、正直まだ様子見って感じですね。5人揃ってからコケると・・・・やばいね。



というわけで、今回は上記9作品+「3月のライオン」を追って見ていこうかと思ってます。

日常系作品が多めだけど、意外にみんなクオリティ高くて面白そう。

また全アニメ放送終了した後にでも感想書きます。

comico 『おだやかじゃないね』に登場した作者さんを数えてみた

今回は、100話越え達成の『おだやかじゃないね』の紹介


f:id:Rtyao:20170122232256p:plain

『おだやかじゃないね』とは?

白金らんぷ先生による水曜連載中エッセイマンガ。

元々comicoの漫画コンテストで見事入賞し、『招福☆満点ハピナス~大福商店街の招き猫~』で2014年4月から連載を開始。

f:id:Rtyao:20170123011056p:plain:w300

その中で、おまけ漫画や休載特別漫画として自分の生活を題材にしたショートストーリーを掲載したところ好評。この作品が終了後、編集者からの勧めで連載開始したのでがこの『おだやかじゃないね』でした。

2014年12月の連載開始から現在まで、先読み含め106話まで到達。

さらにらんぷ先生、2015年10月からplusでギャンブルエッセイ漫画『はいぼくをしりたい』も連載開始しており、現在comicoでは唯一の週二連載作者。comicoでの連載話数もセイさんを超えてcomicoナンバーワンをマークしております。

f:id:Rtyao:20170123011110p:plain:w300

内容としては、上記で説明したようなcomico作家までの成り立ちから、家族のほっこりした話、様々なイベント・奇食にチャレンジした話など、様々。

何事にも好奇心旺盛、ドMとも思える不可解な行動の数々に笑わしてもらいながらも、友達が多く家族想いならんぷ先生の人柄が垣間見える、ほんとエッセイ向き作者さんだと思います。


そして、この作品の一つの魅力は、たくさんのcomico作家が登場しているということ。

何人もののcomico作家がらんぷ先生の奇食チャレンジの道連れになっていますし、comico集会での話をマンガにしてくれているので、好きな作者さんがどのような人かを知ることができてなんだか得した気分になります笑。


さて、現在までにして何人の作家が登場したのか?まとめて見ましたのでどうぞ。


(注1):載せている画像は当時連載のものですので、完結済みの作品が書かれている場合があります。
(注2):作者名の横に書いてあるのは登場話番号です。
(注3):『はいぼくをしりたい』のほうはノーカウントです。

① 西造&世飯(7~9話)

・遠くの日には青く (月曜連載中)

f:id:Rtyao:20170122232321j:plain f:id:Rtyao:20170122232332j:plain

記念すべき最初のcomico作家は、らんぷ先生の同期に当たる西造&世飯先生。この時初めて二人組であるのとや、二人の名前の読み方、西造先生の性別など、様々なことが分かりました。注目は『遠くの日には青く』の世界観はここで初めて明らかになります。より一層作品が好きになる裏情報ばかりでした。

② 上島カンナ(11話)


・でしにっき (日曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232351j:plain:w300

同じくエッセイマンガ連載中のカンナ先生が、おでんを求めて名古屋を訪れた時の話です。面白いのは、でしにっきでもこの時の話が漫画になっており、でしにっき版らんぷ先生がイケメン過ぎると言う点。でしにっきの70~71話ですので、是非見てみてください。

③ じゅんた(12話、29-30話、45-47話)

・ぽーかーふぇいす (完結)
・箱庭パレード (木曜連載中)

f:id:Rtyao:20170122232410j:plain:w300

らんぷ先生同様、名古屋住まいのじゅんた先生。もはやおだやかじゃないねの準レギュラーに近いです笑。自分の作者コメント同様、ちょこちょのお茶目な感出してくるのが面白い。

④ 猫又ヨオスケ(14-15話)

アンダーワールド (日曜連載)

⑤ 秋ヒロト(14-15話、68-70話、74-75話、100-104話)

・カボ!大魔王への道(金曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232431j:plain f:id:Rtyao:20170122232443j:plain

アイスクリームラーメン編登場のお二方。猫又ヨオスケ先生は得意の怪談噺を披露!笑秋ヒロト先生はその後なんども本編に登場する準レギュラーポジションですが、登場の度に真面目エピソードが語られる程の真面目さです。

⑥ PON(29-30話、45-47話)

・二重人格彼女 (完結)
・屈折くぅちゃん(月曜連載)

⑦ 降矢まち(29-30話)

・ツキガミの村(完結)
・きみのこえ。(水曜連載)

大和武士(29-30話)

・TEQUILA -テキーラ- (完結)
・癒してアロマちゃん(完結)

⑨ 沙島カタナ(29-30話)

・咲くは江戸にもその素質(完結)

f:id:Rtyao:20170122232501j:plain f:id:Rtyao:20170122232514j:plain

f:id:Rtyao:20170122232541j:plain:w300

ここからcomico作家集会で、怒涛の作家登場ラッシュ!!まずは集会前の珈琲店の集まりに参加した方々。本編では沙島カタナ先生の上下トーク炸裂wwとにかくいじられまくっていて面白いです。あと、降矢マチ先生の酷すぎるあだ名にも注目です。

⑩ さやえんどう(30-31話)

・引っ越しマニア(完結)
・ばぶらぶ(火曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232557j:plain:w300

集会直前に出会ったのはエッセイマンガでおなじみのさやえんどう先生。マンガでは天然マッキーが目立ちますが、どうやらさやえんどう先生も少し天然が入ってるみたいですw

⑪ めいすい(31話)

・恨み買って片目潰されたけどサンタになるため日々修行中なのです(完結)
・ぬの領域(水曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232613j:plain:w300

らんぷ先生のパチンコ仲間、めいすい先生も登場!二人のやりとりが可愛すぎる…。めいすい先生、期待を裏切らない人でした。

⑫ ゴ太郎(32話)

ギガンティックガール(月曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232628j:plain:w300

自身の漫画内でおだやかじゃないねのパロディをやり、その後裁判沙汰になったとかならなかったとか(笑)のゴ太郎先生も一コマだけ登場!和解!!笑

⑬ sae(32話)

・堅い彼氏と柔らかい彼女(comico plus 月曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232642j:plain:w300

らんぷ先生の同期、sae先生。この話で同期一覧が紹介されてますが、今のcomicoを支える相当たるメンバーです。

⑭ みなみ(32話)

・さんかくっ(完結)

f:id:Rtyao:20170122232659j:plain:w300

無印comicoにパンチラ枠という唯一無二のジャンルを作ったみなみ先生笑。モチーフもなぜか三角。動物とはいったい…?

⑮ 野中かをる(32話)

・失格人間ハイジ(金曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232712j:plain:w300

初期連載マンガの一つ、ハイジ作者の野中先生。またシュールなやりとりを…笑。そしてモチーフはヒゲ。動物とは・・?


夜宵草(33-34話、36話)

ReLIFE(土曜連載)

⑰ チョモランマ服部(33-34話)

・今週のかなでさん(金曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232732j:plain f:id:Rtyao:20170122232749j:plain

集会後の夜遊び編で登場したのは、初期作家の御二方、大分が産んだスーパースター(?)、夜宵草先生とチョモランマ服部先生!comicoナンバーワンマンガの作者である夜宵草先生ですが、多くの伝説が紹介されるなどめちゃくちゃいじられてますw。同じ大分会のチョモ先生とは仲よさそうです。

⑱ セイ(33話)

・パステル家族(金曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232801j:plain:w300

そして、同じ大分会の一員、セイ先生も一瞬登場。が、この後のセイ先生の一言に読者一同が衝撃を受けることに…。ちなみにモチーフは唯一聞いてないようです。(普段からパンダ過ぎるからという理由笑)

⑲ りょく(35-36話)

・和おん!(完結)
・かぜかなた(火曜連載)

⑳ 善乃さくら(35話、45-47話)

破魔矢くん!!(土曜連載)

㉑ チャン(35話)

・非常勤勇者(土曜連載)

㉒ てっちゃん(35-36話)

・R!P•G(月曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232818j:plain f:id:Rtyao:20170122232831j:plain
f:id:Rtyao:20170122232857j:plain f:id:Rtyao:20170122232907j:plain

集会翌朝のホテルにて一気にまた作者勢がいっきに登場!そのままパワースポット巡りへ。個人的には、チャン先生が女性だったことに衝撃を受けました…。

㉓ サクラギンガ(36話)

・なりきりの化学(完結)
・みかどとまつり(完結)
・まがたまのあるじ(web版 comico plus連載中)

f:id:Rtyao:20170122232921j:plain:w300

お願い事を叶える企画で紹介していた喫茶店picoへ向かう際に合流したのは、comicoの肌色担当ことサクラギンガ先生。この後の先生達のサイン合戦は永久保存版です。

㉔ 滝川ボルボックス(45-47話)

・傷だらけの悪魔(土曜連載)

㉕ 胡仁斐(45-47話)

・SACRIFICE OBLIVION(完結)
・眠りの森の千夜一夜館(完結)
・香港迷図(plus 月曜連載)

f:id:Rtyao:20170122232934j:plain f:id:Rtyao:20170122232945j:plain

奇食の霊峰編に登場したお二人。他にもじゅんた先生、pon先生、善乃さくら先生、更にはらんぷ先生の奥さん(通称、嫁の人)のメンバーで登頂を目指します。果たして生き残ったのは誰なのか!?本編をお楽しみに♪

㉖ 梺乃みこと(48話)

・ぼっち神様とオタ少女(完結)
舞姫チャレンジ(web版comico plus連載中)

f:id:Rtyao:20170122233000j:plain:w300

富士山登山パートナー探しに登場。謎の理由で断られてます笑。ココ様が美しい…

㉗ mr.yoda(49-53話、99話)

・卵を見つけた(完結)
・コウヘイ君は謎解きに忙しい(月曜連載)

f:id:Rtyao:20170123011146j:plain:w300

遭難しても怒られなさそうな作者としてパートナーに選ばれたヨーダ先生。らんぷ先生とともに富士山登頂に挑んでいます。二人の息ぴったり(?)な登山に注目です。

28 山石のひ(68-70話)

・spectrum(完結)
・防風林のエチュード(木曜連載)

㉙ ぽんとごたんだ(68-70話)

・婚活は魔道書から(日曜連載)

f:id:Rtyao:20170122233041j:plain f:id:Rtyao:20170122233100j:plain

水曜どうでしょうボードゲーム編に登場の御二方。スゴロクのコマのせいで大変なことに…笑。ちなみに秋ヒロトも登場。真面目です笑。

㉚ 羽櫻陽彦(74-75話)

・現装FG LINK (plus 月曜連載)

f:id:Rtyao:20170122233124j:plain:w300

現在病気によるplusの羽櫻先生ですが、実はおだやじゃないねに登場してました。どうやらこの時から修羅場っぽかったです。ちなみにきっかけは、羽櫻先生とお話ししたいという秋ヒロト先生からのお願いがあり、この回が実現したみたいです。

㉛ 岡本ひろあき

・猫音部(完結)
・世界の岡本(完結)

f:id:Rtyao:20170122233234j:plain:w300

そして最近のバンジージャンプ編に登場したのは、白猫&変顔でお馴染みセカオカこと岡本先生。本編でも名物変顔を見せてくれてます。ちなみに、ここでも秋ヒロト先生登場!バンジージャンプ直後に中々謎めいた発言をしてますので要注目です。




以上、現在で31名の作者が登場(ちなみに最多は秋ヒロト先生の4回)している、『おだやじゃないね』。これだけ多くの作者さんと仲良くなって遊びに行く(やってることは色々だが笑)とは、ほんと凄まじいコミュ力です。


今後どのような作者さんが登場するか、引き続き注目していきます!

2016年秋アニメの感想と評価まとめ

既に秋アニメが始ってきていますが、今回は

夏アニメの感想と評価についてまとめてみました。


最後まで見た下記全11作品のまとめです。


・WWW.WORKING!!
・終末のイゼッタ
魔法少女育成計画
ステラのまほう
ナンバカ
響け!ユーフォニアム
・ガーリッシュ ナンバー
3月のライオン
・Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-
うどんの国の金色毛鞠
舟を編む



【評価について】

作画・音楽・キャラ・ストーリー・演出・最終回(or 後半への期待度)をE~A & Sの6段階に、総合評価をE- ~ A+ & Sの16段階で評価しました。
個人的な感想なので悪しからず。

11位:ナンバカ


ナンバカ脱獄理論♪!

作画 D 音楽 C
キャラ C ストーリー C
演出  C 最終回 C

総合評価:C+


完全にファン向けですね。話の構成とかは悪くなかったけど、前半と後半で全く違うジャンルになるから、初めて見る人は付いていけないだろうね。

それにしても、こんなに空気アニメになるとは…ちょっと宣伝のしかた再考すべきじゃない、comicoさん?


10位:魔法少女育成計画


魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第2巻

作画 C 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  C 最終回 C

総合評価:B-


続きが気になる作品ではあったけど、ただのコロシアイになったしまったのが残念すぎる。前半のキャンディー集めメインでの頭脳戦とかなら割りと面白かったのに。

主人公の影が薄かったり、割りとあっさり死んでしまうキャラが多かったりで、ラストまで胸くそ悪い展開しかなかったかな。
こう見ると、ほんとまどマギって神だなぁ、ってつくづく思った。


9位:ガーリッシュナンバー


ガーリッシュ ナンバー 第3巻(初回限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 B
キャラ A ストーリー C
演出  B 最終回 B

総合評価:B+


アニメ製作の陰の部分だったり、主人公が可愛いだけのクズ人間だったりと、普段ないようなテーマの作品で前半はとても面白かった。

だからこそ、落とし処は難しかったのかなった思う。主人公が落ち込んで立ち直っても、「何にも努力してない人間が勝手に落ち込んでもなぁ」って思ったしまう。最終回で何を伝えたかったのかも理解できなかった。

キャラクターは良かったのでまた二期を見てみたい気はする。


8位:うどんの国の金色蹴鞠


うどんの国の金色毛鞠 第一巻[Blu-ray](ファンイベント「昼の部」優先申込券付き)

作画 C 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  B 最終回 A

総合評価:B+


香川を舞台にしたよい作品癒しの作品だった。ラストは予想外で、少し感動できました。

ただ、逆にラストが唐突過ぎるというか、何か少しでも伏線張ってくれていればもっと良かったのに…って感じる。後、流石に狸の子供のために人生費やせるのかな?と疑問に思ってしまった…。自分の子供でさえ育てるの大変なのにね。


7位:ステラのまほう


ステラのまほう 第3巻 [Blu-ray]

作画 B 音楽 C
キャラ B ストーリー B
演出  B 最終回 B

総合評価:B+

最初はキャラクターの個性薄いかなって思ったけど、皆程よく個性強くて可愛くて、とても楽しめました。きらら系アニメは本当に外さないね。終始、主人公の想いをテーマにしており、メッセージ性も強かったと思う。

個人的には、はーちゃん登場から少し失速した感があるかな?五話の修羅場が一番良かった。


6位:WWW.WORKING!!


WWW.WORKING!! 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 C
キャラ A ストーリー B
演出  B 最終回 A

総合評価:B+


常に賛否両論は絶えないアニメだっかもしれないけど、自分はやっぱりworking!って作品が好きだなぁ、と常々感じました。個性溢れるキャラクター達、一言では説明できない複雑な人間関係、徐々に進展していく男女…。最後のラブコメラッシュは心えぐられた。

もう少し早くからラブコメ要素入ってくればもう少し良かったのかな、った少し考えてしまう。序盤の女性陣、ほんとオカシイ人しかいなかったから笑。後、原作ぶつ切りはやめてほしかったかな。


5位:Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-


オカルティック・ナイン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 A
キャラ A ストーリー A
演出  C 最終回 B

総合評価:A-


話の内容は間違いなく今期一番!

序盤からさまざまなキャラクターの視点で少しづつ話を進めていき、中盤で衝撃の事実が明らかになり、とても引き込まれました。強引だけど、きちんと理にかなった説明を含めてくれたのも良ポイント。

だからかそ、尺の短さがこの作品の魅力を半減したように思う。早口の説明、最終回の詰め込み感……こういう作品こそ2クールじっくりやるべきだったのに……本当にもったいない。

4位:舟を編む


舟を編む 下巻(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 C 音楽 C
キャラ A ストーリー A
演出  A 最終回 B

総合評価:A-


原作が売れる理由が良くわかった。地味なように思えた辞書作りというテーマに、言葉と共に生きるという意味を考えさせられた。キャラクター達の辞書作りにかける想いも繊細なまでに描かれており、最終回は号泣。素晴らしい作品だったと思う。
こういう原作はノイタミナしかチョイスできないから、どんどんやってほしいです。……バッテリーとはなんだったなか?笑


3位:3月のライオン


3月のライオン 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

作画 B 音楽 A
キャラ A ストーリー B
演出  B 期待度 A

総合評価:A


シャフトと聞いて心配していたけど、原作の緩急をつけた独特の雰囲気そのまま表現しておりとても良かった。三姉妹の声もすごく合ってていい感じ♪

問題は原作をどこまで消費するか、ですね……。半分終わっていま二巻ちょいですが、個人的には5-7巻で零が大きく成長する辺りまで見たいなぁ……。ペース的に厳しいかな?

とにかく今後も視聴継続。


2位:終末のイゼッタ


終末のイゼッタ Vol.6(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

作画 A 音楽 B
キャラ A ストーリー A
演出  B 最終回 A

総合評価:A


最後に至るまで少し強引な感じは少しあったけど、それでも国を守ろうとするイゼッタとフィーネの二人の想いには思わずじ~んと来ました。かっこよすぎる。戦闘シーンの凄さにも唸りました。

世界観、音楽、キャラクター、戦闘作画、全てのレベルが高く、本当に良くできていた作品でした。直近のオリジナルアニメの中ではかなりの当たりだったかな?

1位:響け!ユーフォニアム


響け!ユーフォニアム2 4巻 [Blu-ray]

作画 S 音楽 B
キャラ A ストーリー A
演出  A 最終回 A

総合評価:S


終始安定したクオリティのた高さ!!

今回は風景だけでなく、演奏シーンも際立ってましたね。一話の半分を演奏ノーカットなんてスゴすぎる。

二期はとにかく久美子の成長が目立ったのも良かった。前期は傍観者的な位置付けが多かったけど、今回はどの話でも主人公してたね。久美子が感情的になる場面はいつもぐっと来るものがありました。

最後まで最高の作品でした!やはり京アニはスゴイ!


以上、ちょっと物足りない作品が多かったかな?

ではまた。